スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

12月の路上に捨てた言い訳たち








君のたどった道を想像してみる

もう忘れてるはずの街を 必要以上に覚えてる自分がいた



あそこに行けば逢えそうな気分になってみる

居るはずのないことさえ分かっていながら



遠く背中から声が聞こえた気がする

いつもどおりの笑顔で「もぅ!」って怒りながら駆け寄ってくるんだ



結局 離れていたって離れられない

きっと何事もなかったかのように声をかけてくる

そんなふうにさえ信じて疑わなかったんだ



コートの裾にまとわりついた言い訳を

クリスマス色の12月の路上に吐き捨てながら




photo by taka - -

ともに等しく切なく

 






どうしてこんなにカッコ悪いんだと

つまづいたことにも気付かずに

泥だらけになった服を叩いてる僕がいた



たどり着きたい 巡り会いたい

素知らぬ顔で春をスライドしながら

急ぐ足取りは サヨナラを見届けることもできない



ともに等しく切なく 

手を振りあえたら きっと許しあえた



いつかどこかで失くした

幸せ色した 夢の欠片たちが

桜の花びらでかくれんぼしてる



ざわめいた心が少しずつ

あの頃の匂いに懐かしさを感じたならいい



ともに等しく切なく

手を振りあえたなら きっと許しあえた

花びらに書いた想いがよみがえる





photo by taka - -

やさしく、せつなく、心強く






何を願うかというより、どう信じるか。

自分を信じ、少し先の未来を想像する。 

叶えられる数が限られてても、

なにかひとつが実現できたなら、その先は明るい。

まずは動き出そう。



みんなみんな、あやふやな場所に立っていて

一見堅実な選択をしたようで、

後悔っていう遠回りだったりするくらいに曖昧。

そのときには見えないから、自由でいられるのかも。

そして自由であるほどに想像は増す。

より形をもったものへと。



だから解らなくていいんだよね。

自分の想ったことに、一生懸命に向き合いたい。



真実はまっすぐな心に寄り添う。

やさしく、せつなく、心強く。








あけましておめでとうございます。
更新機会に恵まれず?苦し紛れの新年初更新。

今年は、「詩的恋愛体質」にこだわらず、
写真に適当に言葉を添えてこうと思います。

よろしくお願いします。



(photo / OLYMPUS OM-1×Ektar100)

photo by taka - -

無辺の世界

 




いけないことは分かってる

言わなきゃ気がすまない、そんなこともある

どれだけ言ったところで何も変わらない

そんなことも分かってる

悔しいよ 悔しいよ



悲しみの象徴みたいな音が

心を叩きつけるように降りつける



言葉以外の何ものでもない君の感情論

そこには”君と僕”以外のものに溢れてた

そんな話の展開 目を覆うばかりの無辺の世界さ



いっそ抱きしめてしまえばよかったろうに

もう言葉は言葉という意味を越えて

憂いほどに曖昧な 打ち消されるほどに断絶された

やさしさと甘さの片隅で

君の輪郭が消えてゆく


photo by taka - -

炭酸の割れる音に、胸張り裂ける





言いたいことなら溢れてる。

不確かなことばかりがこぼれてる。



そんな言葉にできない不憫さが、

確かに現存する昼と夜の狭間のアンニュイなけだるさの中で、

ソーダ水の炭酸に弾き飛ばされそうになるこのイビツな思考は、

もはや昨日までの残骸でしかなく、

ぱちんパチンと、シャボン玉の割れるような確かな音で眠気と覚醒を繰り返す。



そのテンポの規則性に、

僕の中の具体性やらなんやらが追いつかない。

気がつけば夕暮れ雨上がり。



なにも書けないくらい充足してるのか、

なにも書けないくらい不幸なのか、

顔の見えない相手とのにらみ合いは煩悩甚だしい。



 
photo by taka - -

恋愛偏食

 




あたしに似た男は苦手

それは あたし自身が嫌いだから



嫌いなものを好きって言えるほど お人よしじゃないし

どうも好き嫌いが多すぎる



そんなんだから友達が少ないのかな?とか

恋愛偏食が幸せを遅らせてるのかな?って

自己嫌悪に悩まされる



偏食から始まった恋は

変なところで過食になって執着しすぎる

だからあたしは私が嫌いだ



軽い違和感が大きな憂鬱を生む

悪いと思っても謝れなくなる

どっちにしても後悔するのはあたしなんだよね



完璧主義ってわけじゃないよ

邪魔な想いを取り除いたら

そんなあたしが残ってただけ




「人生に余計なものはない」って君は言うけれど

ひとりのあたしを充たすことさえできない男の

心の中は たくさんのチョコレートに溢れてる



ちょっと羨ましいような

憎たらしいような



それなら過不足は無い気がするけど

均等のとれたアンバランスもないなって思ってしまう



不器用なあたしに嫌気が差す






2008 1・28 アメブロ/詩的恋愛体質より




photo by taka - -

君という贅沢の、優しさの中で





いまさら君という贅沢もないよね。



でもね、
伝えたいことなら、無意識のうちに溢れてくる。
傷つけたくないんだ。


僕は諦めることが多くなったけど、
決して目の前から消えたりしない。


嫌いで別れるほど簡単なことじゃないし、
愛し続けるほど、そんな難しいことでもない。
ただ、好きだということ。


それは変わらない。


声を聴く勇気がないんだ。
また、嫌な想いをさせてしまいそうで。
だけど、そんなことで嫌いになるような女じゃないことも判ってる。


いまはただ、そっと、そっと、
互いの時間を、見つめることしかできないんだ。



雨降りの街を遠く眺めるように、
君がいつにもまして無口になったときのことを想いだした。
もし君のもっとも哀しい部分に干渉してしまったのなら、とても残念だ。
そしてその理由さえ判らない。


そんな風にして、カッコつけることもできずに、
少しの居心地の悪さを感じながら、
雨に滲んだ街を、綺麗なものを見つめるように、
やさしく受け入れてくことしかできないのだろう・・・


君の緊張がふっと解けて、
確かな重みとして、僕の肩が受け入れられるようになる、そのときまで・・・





ひょんなことからここで始めて、
思いの丈を、恥ずかしげもなく綴ってきました。
年内の更新はこれで最後にします。
いままで、こんな私情にすぎることにお付き合いいただいてありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いします。

2010 天気予報はこれから、下り坂を迎える師走の夜に。
takamuseum

photo by taka - -

残り香という記憶

 



音もたてず冬の風が

僕らの記憶を遠ざけてゆく

凜と張り詰めた街の空気と感情に



押しつぶされそうな小さな心を

大事そうに抱えて乗り込む帰りのバス



いつかの夕陽のように胸に沁みこんでたのは
]
まるで水彩で描いた 想い出の風景

忘れるように 想い返すように

追い越してゆく冬のハイウェイ



紫陽花は 君の心に咲いてますか?

桜の花は 君を祝ってくれてますか?

君がくれた一輪のバラ 今もこの胸に



あの日の君の心模様

この先に見えてきたなら

もう一度抱きしめよう

僕の心すべてで抱きしめよう



見上げた空に追いかける月

忘れきれない記憶が涙を誘う

























紫陽花は 君の心に咲いてますか?

桜の花は 君を祝ってくれてますか?

君がくれた一輪のバラ 今もこの胸に










photo by taka - -

別れの予感






都合が悪くなると 君は黙り込む

まるで 途切れた電波のように




どれだけ話しても 

風の声を聴いてるような ノイズばかりがを邪魔する




答えを察した僕は 君を責めた

誰が傷ついたのかも判らないまま




僕が君についたあの日の嘘

君が僕についたあの日の嘘




そんなことより もっと優しく明日が流れてく

君の声すら遠くなる そんな別れの予感を感じてた




君の選んだ選択を喜んであげよう

受け入れてくことから始めよう




失くしたものを探すようなこと したくはないけど

潔くなれない どっちつかずの電波の中で

いつからか 君から電話を切るようになったね

季節変わりの曖昧な余韻だけ残して…



photo by taka - -

意識の向こう側




失くしたものを探すように、写真を撮ってきたけど、

見つからないうちは、大事なものだと想っていたものは、

実はどうでもよかったり、 

意識って変わっていくものだと、

撮りながら、撮ることで感じてしまう。


ただ、カメラやフィルムが応えてくれる「好き」には、聴き応えがある。
photo by taka - -
1 / 3 >>
詩的恋愛体質〜be faithful in word〜
http://ameblo.jp/taka-museum/
PHOTOwalker-a day in my life-
http://photowalker.cocolog-nifty.com/blog/

このページの先頭へ